ED治療薬の人気はシアリス?他のED治療薬は?

EDの予防にはどんな方法が挙げられる?

本格的な症状が出ていない男性でも、ED(勃起障害)の対策をしておくことは大切です。
最近では若い男性でもEDになる人が増えていますから、早めに予防しておくと良いでしょう。
具体的には、血流低下を招くような生活を改めるのが対策になります。
EDの原因はペニスへの血流量が低下することですから、そうならないように食事や運動に気をつけておくと良いです。
食事では、亜鉛、セレン、マンガン、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、アルギニン、アスパラギン酸、ムチン、クエン酸、を積極的に摂取するように心がけましょう。
亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれる栄養素で、人体に欠かせないミネラル(無機質)の一つです。
酵素活性、骨の発育、ホルモンの合成や分泌に関与しています。
生命活動の潤滑油とも言える成分です。
男性では、亜鉛は静止の形成や性欲増進にも関与しているので、しっかり摂取しましょう。
牡蠣代表的な食材では、牡蠣、牛肉赤身、油あげ、納豆、ナチュラルチーズ、などに含まれています。
セレンは抗酸化作用の強い物質で、ビタミンEやビタミンCと一緒に摂取することで活性酸素の除去作用が高まります。
血管の老化を防いでくれるので、血流障害を予防することが出来ます。
また、男性の体内では精巣を発達させてテストステロン(男性ホルモン)の分泌を促す、精子の形成や運動性に関与します。
代表的な食材では、マグロ、カツオ、サバ、などの青魚、牡蠣、たらこ、などに含まれています。
食事と合わせて、運動をして血流低下を予防しましょう。
仕事をしている人であれば、通勤電車は立つ、車よりも徒歩で移動する、エレベーターよりも階段を使う、などを心がけると良いです。